このブログを書いてる人
杉森と申します。福井県出身です。
2006年から自分用弁当を作っております。
たまに日本からいなくなります。

こんなもの買ってます
bnr_amazon.png
bnr_iherb.png


最新の記事はこちら
カテゴリ別に
こんなモノ使ってます。
圧力鍋 片手 アルミ製 ヘイワ PC-28A

取手付密封瓶 2L ステンレス

セラーメイト チャーミークリアー S1 221152

粉パラリ 粉糖振り器 757

Russell Hobbs パワーブレンダー 14071JP

月ごとに

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

パリのムスコめし


パリの晩ごはん


パリの小さなキッチン


パリの晴れごはん


パリ仕込みお料理ノート


シャルキュトリー
フランスのおそうざい


携帯でもレッツアクセス
qrcode
単語で検索しちゃおう


follow us in feedly

フランスの宿まとめ

リヨン
Le Flâneur Guesthouse (ル フラヌール ゲストハウス)
男女混合ドミトリー1泊 € 19(¥2,490 )

選択肢が極端に少ないリヨンで止むを得ず無星の宿を選んだのだけどそれもそのはず、オープンしてたった3日の超新しいホステルだった。そんなわけでまだバタバタしている状態ではあったのだけど共有部分はテーブルもソファもオープンキッチンもあって広かったし、大部屋は男女に風呂トイレが分かれているという思えば今までなかった仕様に成っていて着替えひとつするのにも駆け込めるので助かった。中庭は完全に建築中状態だったけどそれはそれで椅子を並べて話し込んでいる人もいて、逆にこんな状態のホステルに泊まることもそう無いだろうから面白かった。wi-fiが快適、booking.comで見たマップを元に行くと通りがひとつ違うので住所に注意すべし。周囲はちょっと店や人がイスラムな感じのする場所で治安が気になったので念の為肩で風を切って歩くべし。








パリ
Generator Paris (ジェネレーター パリ)
男女混合ドミトリー 3泊 € 76.50(¥10,024)

さして治安が良く無いと言われている10区とのことだったが、駅の真上にあったし24時間入り口にごついガードマンが控えており、何より巨大施設で宿泊者が前にいつもウロウロしているので意外と心配無い感じだった。一階にはbioスーパーと冷凍食品picardが入っていて、すぐ近くに普通のスーパーやカフェなどもあって大変便利。ただし調理できるスペースなどはなさげ。冷蔵庫などもなく、基本的に食事は中のカフェでする感じ。二階は大きなラウンジになっていてモロッコ調なソファがたーくさんあるのだけど、大量の学生旅行の待ち合わせ場所になっていて占拠されていることが多い。夜は地下のバーが開き、これがまた広くて地元DJがガッツリ盛り上げる感じになっていて、飲みに行くのも悪くない。部屋も清潔できれい。コインロッカーに荷物を預けられるのも煩わしくなくて楽ちん。何よりパリで一泊3300円ならいっか、という感じ。












 にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
ユーロも怖くない

at 13:07, 東京弁当生活, ◆そうだ、モロッコからパリまで行こう

-, -